2015年04月11日

その無限の先へ

その無限の先へ
(*´∀`*)
いつ、どんな形で死んだのかは分からない。
前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながら、あまりに現実的で過酷な日常だった。
現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も、将来への希望さえもない。
現実という圧倒的重圧の伸し掛かる日常を前に、ただ生きる為の糧を求め、奴隷同然の日々を過ごす。
かつて過ごした平成日本の記憶も、全て幻だったのではないかと諦めたその時、その街の噂話を耳にした。

そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。

そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。
R15 残酷描写有 異世界 転生 ファンタジー ダンジョン 謎の超文明 チートしたい 俺TUEEEしたい 男の娘もどきもいるよ 20%

個人評価:S
今(2015/4/11)小説家になろうで一番更新が楽しみな作品。
人気のダンジョン攻略物をちょっと変わった状況に当てはめていて、それがまた面白い。
クスッと笑える日常パートから、たまに来るシリアスパートまでどれもこれもが惹きつけられる。
散りばめられたたくさんの伏線を今後どう回収して行くのか。主人公の前世の死の秘密とは!
ぜひ読んでみてください。

書籍化の話はもう来てそうですよね、なろうブームに乗っかって是非アニメ化まで漕ぎ着けて欲しいです。

posted by なかむらよむ at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。